やざこ接骨院に絵ハガキが飾ってあるのはご存知でしょうか?

(知っているあなたはかなりのやざこ通!!)

 

実は、時々、美術館に行くと気に入った絵ハガキを買ってきます。

せっかくなので飾っているのですが意外と評判が良いのです。

 

さて、今回の絵は・・・

井上直久先生の『めげゾウ発見』です。

 

井上直久先生は『イバラード』という空想の世界を絵本にしたり絵にしたりしている画家さんです。

あの宮崎駿先生もファンで、『ハウルの動く城』などでは、その世界観をオマージュするほどです。

 

今度、ご来院の際には待合室で探してみてください。

 

さて、実はこの絵の象のような生き物。

その名も『めげゾウ』。

井上ファンの中では「触るとストレスが減る」と言われています。

 

春先で自律神経は乱れがち、ストレスも多い季節です。

画面の上からでも『めげゾウ』に触ってみてください。

トラックバック
この記事のトラックバックURL